ぼやき。

へい らっしゃい。あ 今日はいっぱいなんですよー。
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ねーむーいー。
はい。昨日に引き続き、ネタのない私でございます。
なのでですね、今日聞いた怖い話をのせようと思います。
そこのお嬢さん。そんなに怯えなくても大丈夫ですよ。
そんなに怖くありません。たぶん。
私は爆笑してしまいましたよ。うふ。
怖い話ばっちこーい☆な方は下の「続きを読む...」からどーぞ。
いやほんと怖くないと思いますよ。
"エイプリルフール"


ニューヨークにある夫婦がすんでいた。

4月も入ったばかりの肌寒い朝、
身重の妻の体調が急変し、夫は妻を車に乗せて産婦人科へ急いだ。

医師が言うには、母子共に危険な状態であるから、
すぐに手術に踏切るしか無いと言う。

手術が始まって数時間がたった。
その間、夫は手術室の前から離れようとはしなかった。

ふいに、「手術中」のランプが消え、扉から医師が現れた。

夫が聞きたい事はひとつだった。

「手術は・・上手くいきましたか!?」

医師は、にっこりと笑って応えた。

「大成功です。奥さんも息子さんも元気ですよ!御覧になりますか?」

喜びに足をもつれさせながら、夫は部屋にかけこんだ。


そこには、血まみれの息絶えた子供と、同じく冷たくなった妻の姿があった。

夫の背後から、医師が言った。

「エイプリルフール!!」

END


以上です。どう?怖くなかったっしょ?
私はこの陽気すぎな医者に爆笑しました。
だって「エイプリルフール!!」ですよ。
ビックリマークつきですよ。
なんなんだこの医者は。陽気にも程があるだろう。
笑えねえよ。・・・・・・・いや爆笑したけど。
スポンサーサイト
Comment
コメント
URL:
Comment:
Pass:
Secret: ポン太だけに見せちゃう。
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。